産後 尿漏れ ひどい

産後の尿漏れの悩み

産後 尿漏れ 

ある女性の悩みをご紹介します。

産後の尿漏れについて悩んでいます。 昨年5月に第2子を出産してから尿漏れをするようになりました。
産後10か月が経過しているのですが、全然治りません。

 

少し尿が溜まっている状態だと、咳をしたりジャンプをしたりするだけで尿が漏れてしまいます。
当然下着も汚れ、匂いも気になってきます。

 

第1子の時は、ここまでひどくなかったのですが....今回はひどくて落ち込んでいます。

出産を境に尿漏れに悩む女性って結構いるようです。
特に出産時に赤ちゃんがなかなか出てこなくて時間がかかった方に多いです。

 

なかなか生まれなくて産道に赤ちゃんが長く留まっていた場合、骨盤底筋群へのダメージが大きくなります。

 

骨盤底筋群とは、出産のときに子宮や内臓が産道から出てこないように産道の出口のところで支える筋肉群です。

 

産道に赤ちゃんが長くいるほどこの骨盤底筋群の筋肉がダメージを受け緩みます。
この筋肉が緩むと下半身の締める動きが悪くなるので、無意識のうちに尿が漏れたり、膣の締まりが悪くなったりします。

 

それでは骨盤底筋群は、一度ダメージを受けて劣化すると元に戻らないのでしょうか?

 

いいえそんな事はありません。
トレーニングで鍛えれば、きちんと元に戻すことができます。

 

そして一度ダメージを受けて劣化した骨盤底筋群は、なるべく早く鍛えることをおすすめします。

 

なぜなら放っておくと子宮脱を招くこともあるからです。
※子宮脱とは子宮が膣の外に出てしまう女性にとって本当に辛い病気です。

 

最悪の事態を招く前にきちんとトレーニングによって鍛えていきましょう。

仰向けの姿勢で のトレーニング

  1. 仰向けに寝て、足を肩幅に開き、両膝を軽く曲げて立て、体をリラックスさせます。
  2. その姿勢のまま、15秒間骨盤底を締めます。肛門、尿道、腟全体を締め、陰部全体をゆっくりっと吊り上げる感じです。お腹、足、腰などに力が入らないようにしましょう。
  3. 次に45秒間は体の力を抜いてリラックスします。
  4. このサイクルを10回繰り返します。

 

床に座った姿勢で のトレーニング

  1. 両膝を軽く開いて立てた状態にして、床に座ります。背中は壁に軽くもたれるようにします。足の付け根の股部分(肛門括約筋の近く)に片手の手の平をあてて、骨盤底のところを自分の手指で確認します。
  2. このような姿勢のままリラックスして、15秒間骨盤底を締めます。肛門、尿道、腟全体を締め、陰部全体をゆっくりっと吊り上げる感じです。お腹、足、腰などに力が入らないようにしましょう。
  3. 次に45秒間は体の力を抜いてリラックスします。
  4. このサイクルを10回繰り返します。

どうでしょうか?

 

このトレーニングを毎日続けてください。早ければ1ヶ月以内で効果が出てくると思います。

 

ただ「めんどくさい!」と思った方もかなりいると思います。

 

これだけのトレーニングを1回2回ならまだいいですが、1ヶ月毎日続けるのはちょっと....と思うのが普通です。

 

実はこんなめんどくさい事をしなくても、普通に掃除したり、料理したり、テレビを見たりしながら身に付けているだけでトレーニングができちゃうものがあります。

 

それは、インナーボールというグッズです。
このインナーボールの本来の目的は、膣の緩みを改善するものです。

 

でもこのインナーボールを使うと骨盤底筋群を鍛えてくれるので尿漏れがピタッととまります。
お値段もそれほどしないので、楽に早く尿漏れを改善したい方にはとってもおすすめです。

 

それに膣の締まりがグンと強くなりますので、旦那さんが喜びますよ。

 

インナーボールは、LCラブコスメというネットのお店で販売しています。
値段は、2,157円(税別)です。 詳しくは下記のLCラブコスメの公式サイトで確認してみてください。

 

>>LCラブコスメ公式サイトはコチラ